Linuxとかプログラミングとか。

プログラミングとか趣味とかいろいろ発信していく大学生のホームページ。

SO-03C Xperia ray をICS化する

calendar

reload

SO-03C Xperia ray をICS化する

Galaxy Nexusにつづき、Android4.0(ICS)搭載機が世に現れ始め、ストアでもICS以上を対象とするアプリも増え始めてきました。

ここで、旧機種のICSへのアップデートを行うメーカーもありますが、少なくともSONYでは国内向けのXperiaへのアップデートについては積極的ではなさそうです。

このまま自分のrayが時代の流れに飲み込まれてしまうのも嫌なので、ROM焼きをして延命を図ろうと思います。

1.環境の準備

  1. flashtool→Windows Editionからダウンロード。
  2. 国際版公式ICSROM→xdaからバージョン4.0.3をダウンロード。

2.ROM焼き

2.1.flashtoolのインストール

ダウンロードしたflashtoolをインストールします。

2.2.ftfファイルの書き換え

ダウンロードしたROMファイルを解凍すると”ftfファイルST18i_4.1.A.0.562_(1252-5332).ftf”が出てくるのでそれをflashtoolがインストールされたフォルダ内の”firmwares”へ移動します。

雷マークのアイコンのflashボタンをクリックし、”Flashmode”を選択します。”Select a Firmware”で”ST18i”を選び”OK”をクリックします。

十分に充電しシャットダウンが完了したXperia rayのボリュームダウンボタンを押しながらUSBケーブルに接続します。うまく行けばプログラムが走ります。失敗した感じがしたら何度か接続しなおしてください。(僕も3回くらい失敗しました)

Flashing finishedと出て画面下のバーが100%になれば完了です。USBケーブルを外してray本体の電源を入れます。

これでICS化することが出来ました。

o0480085412351237807

3.日本国内で使いやすくするため設定を変更する

ROM焼きがなんとかなりましたが、メールの受信設定なども国際版の仕様になっていますので、できるだけ以前のように日本国内向けの仕様に近くなるように設定を変更します。

3.1.SPモード(契約者のみ)の登録

設定→その他→モバイルネットワーク→アクセスポイント名→APNで、

メニュー→新しいAPNをタップ→”アクセスポイントの編集”で、

名前:spmode.ne.jp
APN:spmode.ne.jp
MCC:440
MNC:10

o0480085412351237807-1

と入力し、メニュー→保存で、3G回線のモバイルネットワークが使用可能にできます。

3.2.SPモードメールのプッシュ対応

SPModePush.apkをダウンロード。

rayの設定→セキュリティ→”提供不明のアプリ”にチェックを入れます。

ダウンロードしたSPModePush.apkをrayに保存し、インストールします。

インストールしたSPModePushを一度開けば、それ以降SPモードメールのプッシュ通知(自動受信)ができるようになります。

3.3.エリアメールに対応

areamail.apkをググって入手し、上と同じ方法でrayにインストール。

これらの手順でrayが日本国内で使い易くなりましたね。

4.root化する

XDAよりroot化ツールをダウンロードします。

rayのメニュー→設定→開発者向けオプション→USBデバッグにチェックを入れます。(事前にメニュー→設定→Xperia→接続設定→USB接続モード で、接続モードをMSCにしておきます)

ダウンロードしたファイルを解凍し、ファイル内のrunme.batを実行します。

何かキーを押し、しばらく待ちます。この間3回ほど再起動されます。最終的に、All Doneとでれば終了です。

再起動後、アプリ一覧にSuperuserがあれば成功です。

o0480085412482828439

5.中華フォントを改善する

rayをICS化した後、なんか見慣れない文字がありましたよね。

o0480085412484440388

たとえば、上の画像でいう位置情報サービスの「置」の漢字なんかがそうです。

これが中華フォントです。場合によっては読みにくいので、フォントの差し替えを行います。

5.1.手順

こちらから日本語フォントをDLします。

Play storeから”ESファイルエクスプローラ”をDLしてインストールします。

ダウンロードしたフォントをSDカードに保存します。

ESファイルエクスプローラを起動し、メニュー→設定→ルートオプション→ルートエクスプローラ にチェックをいれます。

スーパーユーザーから許可するか問われてきますので、許可してください。またその時、ルートオプションのチェック項目は全てチェックしておいてください。

先ほどSDカードに移したフォントファイルをエクスプローラで見つけ、ロングタップ→切り取り(またはコピー)します。

o0480085412484463106

この画面で、バックキーを押し、

o0480085412484463107

この画面に映ります。

ここのsystem/fontsのディレクトリに、先ほどクリップボードコピーしたフォントファイルを貼り付けします。

ここで移動したファイルをロングタップし、メニューを表示させ、プロパティより、ファイルのパーミッションを変更します。

o0480085412484463108

パーミッションは644に変更します。(分からない人は上の写真を参考にしてください。)

パーミッションの変更が終わったら、端末を再起動させましょう。これにて作業は終了です。

o0480085412484463202

中華フォントの件もバッチリのようです。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder Android

SO-03C Xperia ray をICS化する
more...