Linuxとかプログラミングとか。

プログラミングとか趣味とかいろいろ発信していく大学生のホームページ。

vaio S13 にUbuntu16.04LTSをインストールする

calendar

reload

vaio S13 にUbuntu16.04LTSをインストールする

今までBTOのLavieG2015冬春モデルを所有していましたが、なんといってもこのパソコン、大きいのに加えてかなり重く、とても自発的に家の外に持ち出して使いたいとは思えません。

なので、今年発売したvaio株式会社製vaio S13を購入しました。

スペックはというと、技術の進歩に伴い旧世代のcore i7にも匹敵する性能を持つことからcore i5かつメモリは8GB、SSDはSATA256GBを選択しました。

さて、このパソコンもまた、プログラミングを中心とした用途を目的として購入したので、Linux環境を導入することにしました。今回はいつものように、仮想OSではなくデュアルブート環境を導入することにします。

では、その手順を書いていくことにします。

1.Ubuntu用パーティションの作成

デスクトップでWindowsアイコン(スタートボタン)を右クリックして「検索」

→「ディスク」と入力して「ハードディスク パーティションの作成とフォーマット」

→「ディスク0」のCドライブのところで右クリック→「ボリュームの縮小」

→「縮小する領域のサイズ」を「64000」MBとします。(適当)

これらの操作ののち、「ハードディスク パーティションの作成とフォーマット」画面でCドライブの横に「未割り当て」という項目が確認できるはずです。

2.Ubuntuのインストール

割愛しますが、Ubuntuのインストールメディアを用意しておきましょう。用意したインストールメディア(USBメモリ)を接続させておきます。

2.1.インストールメディアの起動

vaioをシャットダウンしている状態で、F4キーを押しながら電源を入れ、(F4キーは押し続けます)「vaioレスキューモード」(BIOS)を起動します。

そこで、「USBメモリーやディスクから起動」を選択し、ブートローダーを起動します。

Grub2画面で「try ubuntu withoud install」を選択し、インストールメディアを起動させましょう。

2.2.Ubuntuのインストール

インストールメディアを起動後、「Ubuntu16.04LTSのインストール」を選択します。

Screenshot from 2016-08-25 06-53-31

インストール画面で、「日本語」を選択。

Screenshot from 2016-08-25 06-53-47

インターネット環境が設定できていれば、「Ubuntuのインストール中にアップデートをダウンロードする」の選択をすることもできますが、Ubuntuのネットワークに関するバグで(後で解説します)うまくいかないこともあるので、チェックを入れないほうがよいと思います。

Screenshot from 2016-08-25 06-54-38

アンマウント操作をしなさいと言われるので従います。

Screenshot from 2016-08-25 06-54-52

インストールの種類を問われますが、下手にSSDを弄られても困るので今回は(いつもだけど)「それ以外」を選択します。

Screenshot from 2016-08-25 06-55-24

SSDのパーティションの詳細などが分かる画面に遷移するので、先ほど作成した「空き領域」をダブルクリックし(多少の誤差はありますが容量で分かると思います)、特に変更はせずにマウントポイントについて「/」を選択し、「OK」をクリックします。

Screenshot from 2016-08-25 06-55-56

「ブートローダーをインストールするデバイス」は「/dev/sda」を選択します。

Screenshot from 2016-08-25 06-57-30

物理メモリは8GBと通常使用するには十分な領域が確保されていますので、スワップスペースの設定をしないまま進めます。

Screenshot from 2016-08-25 06-57-56

住んでいる場所はデフォルトのままにし、

Screenshot from 2016-08-25 06-58-40

キーボードレイアウトもまた、下の枠でいくつか試して問題なかったので特に変更することなく進めました。

Screenshot from 2016-08-25 15-59-08

最後にユーザーの情報を色々と入力すれば、あとはインストールのみです。

Screenshot from 2016-08-25 15-59-31

Ubuntuのインストールが始まります。問題が無ければ、数分のうちに完了するはずです。

Screenshot from 2016-08-25 16-00-16

以上でUbuntuのデュアルブート環境の構築は終了です。しかし、このままでは通常使用にあたっていくつか不便な点があるのでこれを改善しなければなりません。

それについては、後に記事として説明しようと思います。

それでは今回はこの辺で失礼します。お疲れ様でした。

09/02追記

Ubuntu16.04LTSの不安定なネットワーク接続を改善する

使いにくいUnityをやめDockを導入する

Ubuntu16.04LTSのワークスペース機能を有効にする

Ubuntu Software Centerの導入

この記事をシェアする

コメント

down コメントを残す




folder Android

SO-03C Xperia ray をICS化する
more...