Linuxとかプログラミングとか。

プログラミングとか趣味とかいろいろ発信していく大学生のホームページ。

Ubuntuのtexlive環境にverbatimパッケージをインストールする

calendar

環境設定をして暫くレポート作成に利用してきたtexlive2015ですが、インストール時に含まれていたパッケージが最小限のものだったらしく、listingsやverbatimといったレポート作成における心強い味方達は、別途自分で呼んでくる必要がありました。

既にlistingsは以前インストールしましたので、今日はverbatim環境の導入方法を紹介したいと思います。

1.パッケージのダウンロード

こちらのページの左下の”Download”をクリックし、任意のディレクトリにzipファイルをダウンロードします。(ここでは「デスクトップ」にダウンロードした場合を紹介します)

2.展開とコンパイル、パッケージのインストール

ダウンロードしたファイルを右クリックで選択し、展開します。

ダンロード時にディレクトリ内に存在するファイルは、そのままでは使用できないので、コマンドでコンパイルします。

展開して生成されたtoolsディレクトリ内で、右クリック→「端末で開く」を選択後、

($は不要です)をし、

をしてディレクトリを生成、

をしてファイルを移動し、

をしてインストール完了です。

verbatimパッケージがあれば、特殊文字が多い文章を書く際などに便利ですね。

folder Android

SO-03C Xperia ray をICS化する
more...