Linuxとかプログラミングとか。

プログラミングとか趣味とかいろいろ発信していく大学生のホームページ。

Bash on Ubuntu on Windows+Atomで開発環境を整えてみる

calendar

普段デュアルブート環境のUbuntu16.04LTSに開発環境を構築している僕ですが、Microsoftが今年の夏のAnniversary UpdateによってWindows10に標準で実装したBash on Ubuntu on Windowsを利用してWindowsにも開発環境の導入をしてみたので、その一連の流れについて説明しようと思います。デュアルブート環境の構築の敷居が高い、しかしLinuxライクな開発環境が必要であるような方におすすめです。

1.Bash on Ubuntu on Windowsの導入と環境設定

1.1.Bash機能の有効化

「スタート」→(右クリック)→「プログラムと機能」→「Windowsの機能の有効化または無効化」を順に開きます。

windows-%e3%81%ae%e6%a9%9f%e8%83%bd-2016_12_23-1_33_35

この画面で、「Windows Subsystem for Linux (Beta)」をチェックします。

「OK」をクリックすると、インストールが始まります。インストールが終わったら、再起動してください。

1.2.開発者機能の有効化

1.1.の手続きを終え再起動完了後、「スタート」→「設定」→「更新とセキュリティ」→「開発者向け」を順に開きます。

%e8%a8%ad%e5%ae%9a-2016_12_23-2_01_50

この画面で、「開発者モード」にチェックを入れます。

1.3.Bashのインストール

コマンドプロンプトを起動します。「スタート」で「cmd」と入力してエンターキーを押しても起動できます。

コマンドプロンプトが起動できたら「bash」と入力してエンターキーを押すと、インストールの確認画面が出るので「y」と入力してエンターキーを押します。

インストールが開始されるので、完了するまでしばらく待ちます。

ユーザー名とパスワードの設定を促す旨が表示されるので、画面の指示に従って任意に選択し、初期設定を完了させます。(Windowsのものと合わせる必要はありません。)

以上でBashのインストールは終了です。

1.4.Bashの初期設定

1.4.1.ホスト名の明記

sudo実行する度にsudo: unable to resolve hostというエラーが吐かれるのでhostnameを追記します。プロンプトでBashが起動している状態で、

と入力しエンターキーで設定を完了させます。

1.4.2.リポジトリの変更

標準設定ではパッケージ取得の時にいちいち海外サーバーにアクセスしてしまうため非常に効率が悪く、時間がかかってしまいます。なので、リポジトリの取得先を日本サーバーに変更します。先程と同様に次のコマンドを入力します。

1.4.3パッケージのアップデート

コマンドラインで、

をし、パッケージのアップデートをします。

ちなみに僕の環境ではupdateかけるときにErrとかFailedとかいっぱい出てきてアップデートに失敗しました。メッセージを確認してみたところ、どうやらリポジトリ取得先のサーバーに接続できないとのことでした。これについては、自分のPCにインストールしているセキュリティソフトが原因で、Bashのネットワーク接続をブロックしていたようなのでセキュリティソフトのファイヤウォールを解除し、解決しました。

1.4.4.カレントディレクトリの変更

Bash on Ubuntu on sWIndowsのデフォルトのカレントディレクトリ設定は

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local\lxss\home\(ユーザー名)

なのですが、これではWindowsで普段使うディレクトリの位置から遠く、アクセスしにくいので、これを変更します。

でviを開き、

の部分を

などに変更してやるとよいでしょう。(viの使い方が分からない方はググってみてください)

ここで、Bashを終了する前に、.bashrcなどの設定ファイルを変更後のカレントディレクトリにコピーしてやります。

Bashを開き直せばカレントディレクトリの変更が反映されているはずです。

2.Atomの導入と設定

2.1.Atomのインストール

公式サイトからAtomをダウンロードしてインストールします。

2.2.Atomの初期設定

2.2.1.日本語化

Atomを起動し、エディタ画面でCtrl+,で設定画面を開き、「install」→「Search packages」に「japanese-menu」と入力し、該当する検索結果のものをインストールして、インストール完了後、Atomを再起動します。これにより、Atomの日本語化ができているはずです。

2.2.2.ターミナルの導入

エディタ画面にターミナル機能を一体させることでコーディングが最高に捗るので、ターミナルを導入します。

同様に、Atomの設定画面から、(日本語化後)「インストール」→「Search packages」に「platformio-ide-terminal」と入力し、該当するものをインストールします。

インストールが完了したら、「パッケージ」→「platformio-ide-terminal」→「設定」を開きます。

「Shell Override」をC:\\WINDOWS\\sysnative\\bash.exeに変更します。これでAtomでプログラムを打ち込みながら、即座にBashを開いてデバッグをすることができます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-41

3.OCamlでの挙動

試しにOCamlをインストールして、挙動を確認してみることにしました。OCamlのインストール方法は、Bash上で、

を実行します。

試しにデスクトップ上に新規作成で「test.ml」を作成し、これをダブルクリックでAtomで開いてみます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-42

Atomで開き、適当に次の関数を作ってみます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-44

左下の「+」アイコンをクリックして、ターミナルを開きます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-45

ターミナル上で

でocamlを開き、「test.ml」をuseします。恐らく気づく方もいると思うのですが、Atom上のターミナルではキーボードの矢印キーによる操作を受け付けてくれません。

矢印キーの機能は次のコマンドで代替できるので、必要な人は身に着けてしまうのが良いと思います。

Ctrl+P
Ctrl+F
Ctrl+N
Ctrl+B

Atom上のターミナルで、関数呼び出しに成功できているのが分かります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-46

いかがでしょうか。このように、Windows上でもCygwin等の追加パッケージを入れることなく、シンプルにLinuxライクな快適な開発環境を構築することができました。Windowsのコマンドプロンプトには色々とストレスに悩まされてきましたが、Bash on Ubuntu on Windows のお陰でQOL大幅に改善しましたね。是非参考にしてみてくださいね。

この記事をシェアする

コメント

  • […] 以前Bash on Ubuntu on Windows+Atomで開発環境を整えてみるでAtomの導入方法の説明をしたことがありますが、今回はBash on Ubuntu on WindowsではなくWindows、すなわちPower Shell環境をLaTeX導入の前提としているので、一部設定の仕方が異なります、ご注意下さい。 […]

    by 【Windows版】LaTeX環境を導入する | Linuxとかプログラミングとか。 2017年3月22日 12:56 PM

  • […] 以前Bash on Ubuntu on Windows+Atomで開発環境を整えてみるでWindows上にBash on Ubuntu on Windowsを使用したLinux環境の導入についての一連の流れを説明しましたが、今年4月より配信開始したCreator’s updateによりBash on Ubuntu on Windowsの細かな仕様が変わった他、新たにGUIにも対応したため、この度解説記事もアップデートすることにしました←。なので、Creator’s updateを適用していない方は、こちらの記事を参考にしてくださいね。 […]

    by 【新】Bash on Ubuntu on WindowsでWindows上にLinux環境を導入する | Linuxとかプログラミングとか。 2017年7月11日 4:08 AM

down コメントを残す




folder Android

SO-03C Xperia ray をICS化する
more...