Linuxとかプログラミングとか。

プログラミングとか趣味とかいろいろ発信していく大学生のホームページ。

Ubuntu16.04LTSにPowerTOPを導入し省電力化する

calendar

reload

僕がUbuntuを入れているPCはビジネスモバイルノートPCのvaioS13です。

元々15.6インチのNEC Lavieも持っていましたが、大きく重いPCを持ち運び外出先で運用するのはやはり難しいので、モバイル性に優れたこのPCもまた購入することにしました。

つまりこのPCにおいては外出先での使用を想定していたのですが、Ubuntuでコーディングなどを行っていると、あっという間にバッテリーが減少し3時間も持ちません。

一方で、Windowsを起動してExcelなどの作業をしている時は約8時間ほどバッテリーが持つということですから、どうやらUbuntuはデフォルトであまりエネルギー効率が良くないようです。

そこで今回はPowerTOPを利用してUbuntuのバッテリードレインを改善していこうと思います。

まずはPowerTOPのインストールから。

ここで起動してみましょう。

すると次のような管理画面が表示されるはずです。

Tabキーを押してタブを遷移していくと、Tunable画面を表示できます。

ここには、PowerTOPで省電力設定が可能な項目が表示されています。省電力設定がされていない項目はBad、省電力設定がされている項目はGoodと表示されています。実際vaioの状態を確認してみると酷いですね笑笑全部Badじゃないですか!

ここでキー入力で一つ一つ設定することもできますが、今回は自動的に一括設定することにします。

そしてもうひとつ、PowerTOPで変更した設定は再起動後元に戻ってしまいます。そこで、/etc/rc.localにコマンドを書き加えてしまいましょう。(起動直後に自動で実行してくれます)

(atomとはテキストエディタのことです。Atomがインストールされていない環境をご使用の場合は、viやgeditに置き換えてください。)

次の一行をexit 0の前に追記します。

これで終了です!消費電力効率が伸びると、安心して快適なバッテリーライフが送れますね^^

この記事をシェアする

コメント

  • “powertop –auto-tune”を”/etc/rc.local”に書き込む際、”$ sudo atom /etc/rc.local”と書いてありましたが、”atom”とはテキストエディタですよね?
    でしたら、Ubuntu16.04LTS標準の”gedit”としたほうが良いと思いました。
    別のページも参考にしましたが、このエディタに気づかず戸惑ってしまったので。

    by TKY 2018年2月14日 10:51 PM

    • コメント有難うございます。ご指摘の通り、atomはテキストエディタですが、それぞれの環境に依存する部分を修正するつもりが、自分が作業していた時の状況をそのまま記事にしてしまいました。ここはUbuntu標準テキストエディタであるgeditや、Linux標準テキストエディタであるviを採用するべきでした。戸惑わせてしまい、申し訳ありません。

      by ikesan009 2018年2月18日 9:23 PM

down コメントを残す




folder Android

SO-03C Xperia ray をICS化する
more...